minneのいいとこ悪いとこ 〜納品書が入っていないわけ〜 改め入っているわけ

2015.07.14 Tuesday

0

    今や巨大ハンドメイド系マーケットプレイスになったminne(みんね)。僕は見たことはありませんがテレビCMもやっているようです。
    いろいろなイベントを繰り出し、作り手と買い手を惹きつける。
    そんなminneにもいいところと悪いところがあります。

    今回はminneの良いところと悪いところを書き出していきたいと思います。
    にんじんわには作り手なので作り手として気になるところを挙げていきます。



    ■minneの素晴らしいところ

    1,作品が売れやすい。
    作り手として一番うれしいところです。minneにはアクセス解析はありませんが売れるということはたくさんの人の目に触れているということだと思っています。作品が売れるというのは次の作品を作るための資金になりますし、エネルギーにもなります。

    2,販売手数料が低く抑えられている。
    作品が購入されたとき、その作品価格の10%(税抜)をminneに支払います。残りを作品出品者が得ます。
    現行のハンドメイド系のマーケットプレイスの中では低い方です。

    3,作品の代金の徴収、連絡をminneがやってくれるから楽ちん。
    コンビニ決済、クレジットカードで作品代金を支払えるので買い手としては手軽に作品を買える。どこのハンドメイド系マーケットプレイスでも同じですが、買い手が振り込みの連絡をしたり住所の連絡をしたり、発送の連絡をしたりする手間が省けるのでとても楽です。支払い方法には銀行振込やゆうちょ振替もあります。

    4,お気に入り数やフォロー数をみて今まで歩んできた道を思い返しニヤニヤすることが出来る。
    これがminneのうまいところで、マイページの一番上に今まで出品した作品の総お気に入り数とフォローされている人数がでかでかと出てくるのです。フォロー人数が増えたり、総お気に入り数が増えたりキリの良い数字に達したりしたら、うれしいです。記念にお得な作品を出す人もいるようです。お気に入りされるのもとても嬉しいです。賑やかな感じもします。

     

    -------------------------------------------------------------------------

    (2017.1 追記)

    5、納品書が印刷できるようになった!

    2017.1あたりに納品書が印刷できるようになりました! 金額は載っていませんがこれがあるとないとで安心度がかなり違うと思います。

    以前は納品書を入れない人も多かったと思います。印刷をするだけなので出品者の手間も省けます。

     

    6、ネコポス、宅急便コンパクトが使える!

    郵便局で定形外郵便で発送すると最低120円送料がかかります。配送速度が通常の手紙と同じなので遠方だと3日くらいかかるところもあります。速達はさすがにかなり早く翌日に届きますが通常料金に280円追加でかかります。ネコポスだと250円で翌日配送、3000円までの紛失、破損保証、さらに番号で追跡が可能です。オプションなしの定形外郵便よりは高いですが、安心と低価格どちらも求めるならネコポスに軍配が上がります。(郵便局の定形外郵便も200件以上送って事故なしなのでかなり安全だと思います。ネコポスはポスト投函なので厚さに制限があります。2.5cmより厚いものは送れません)

     

    minneのオリジナルのネコポス箱は可愛いです。個性を出したい人は使わないかもしれませんが、minneで発送するぶんには十分なものだと思います。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------

     

     

    これだけいいところがあるのでminneが大きくなるのもわかります。
    次は逆にちょっとな〜と思うところを挙げていきます。
     


    ■minneの気になるところ

    1,全体的に作品の価格が低い。
    買い手としては嬉しい事です。いいものを安く買えるということは喜ばしいことです。売り手としては価格競争に巻き込まれ、辛い時もあります。僕はこれに巻き込まれていました。作品を相場よりも低い価格で出品すると売れやすくはなりますが、利益は少なくなります。価格が低い市場に自分の思う価格で出品するというのは結構勇気がいります。そのため低い価格で出品してしまうのでしょう。作品が売れても利益が少ないとモチベーションが下がります。勇気を持って自分の思う価格で出品することです。いいものは売れます。

    2,買い手のレビューに返信するのが通例になっている。
    作品をご購入いただいた方からレビューをいただくとレビューに返しましょう、とminneのページに出てくるので、返信する。
    最初はいいです。書くことがあるから。回を重ねるにつれて書くことがなくなってきます。同じ文章を書いてしまいます。
    レビューをいただくのはとても嬉しいです。皆様からの感想は宝物です。どんなものもありがたく読ませて頂いています。
    しかし、それに返信するとなるとありがとうしか言えないのです。ただ、ありがとうって言えばいいのかもしれませんね。


    今思いつくところはこのへんです。
    まだまだ、たくさんあると思いますが、これから始める方の参考に少しでもなれば幸いです。
    もうやってる人はそうそう、わかってるじゃんにんじんわに、と思っていただければ幸いです。

     

     

     

    2016.11.14追記

    発送するときの宛先の紙を印刷できるようになった! これは評価していいと思います。

    また、以前は運営によるピックアップという手法一つがすごい威力を持っていましたが、最近はメルマガに載せられたり、特集に載せられたりでいろんな作家さんの作品をいろいろな方法で知ることができるようになりました。注目度が分散していいと思います。

    納品書は作家さんが自分なりに選ぶことで個性が出ていいのではないでしょうか? と思えるようになってきました。

     

    2017.1.26追記

    納品書が印刷できるようになったり、ネコポスが使えるようになったり、かなり便利になってきていると思います。

     

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
    にほんブログ村

    1