にんじんわに流、箔押しのやり方(エンボス加工で費用を抑える)

2016.01.10 Sunday

0
    ええと、久々の更新になりましたが、今日は印刷屋さんに頼むとかなりお金を取られる
    「箔押し」っぽい加工を自分でやる方法を紹介します。かなり安く作ることができます。
    今回は写真あり。


    ■用意するもの
    ・化粧箱 200円くらい
    ・ツキネコ社のインク「アンコール」 1,000円以下
    ・お好きなハンコ(にんじんわには、はんこ屋にデータを渡して作ってもらった) 大きさによって価格が変わる
    ・エンボスパウダー 1、000円以下
    ・エンボスヒーター 2、000円ほど
    ・紙



    まずはじめに化粧箱に中央のアタリをとります。
    上辺と下辺の真ん中を鉛筆でとって、それを定規でつなぎ、高さの真ん中をとって中央を導き出して鉛筆で印をつけます。



    次に、ハンコを押します。写真は中央に押せてない悪い例です(汗



    エンボスパウダーをかけます。



    エンボスパウダーを、半分に折って折り目を付けた紙の上に落とします。落としたエンボスパウダーは瓶に戻して再利用します。



    エンボスパウダーのかかったロゴマークをエンボスヒーターで温めてエンボス加工します。冷めたら中央のしるしと上下のしるしを消しゴムで消します。


    出来上がり。


    箔押しを印刷屋に頼むとかなり取られるので少量なら自分でロゴのハンコを作ってエンボス加工するのがおすすめです。
    たぶん、みんなやってると思うのですがこんな方法があるということで公開しました。

    ハンコを押しただけだとインクが擦れて汚くなるのでエンボス加工をして表面を保護しています。高級感も出ます。



    ■おわりに
    写真撮ってやってはみたものの写真でいろいろ状況がわかってもらえるのであまり長いこと文章をかけなくて拍子抜けしました。
    まだなにか、伝えることは残っているだろうか……。何を更新材料にするか迷い中。
     

    にほんブログ村 ハンドメイドブログ とんぼ玉へ
    にほんブログ村
    1